住宅ローン無料相談のおすすめは?

住宅ローン無料相談の申し込みは?

見出し
住宅ローンについての疑問は銀行の選び方や金利タイプ、諸費用比較、借り方、申し込みの流れなど様々ですが、借り入れや返済で失敗したり、損をすることを防ぐために信頼できる相手に説明してもらうことが大事です!特に住宅ローン選びで迷っている方はまず当サイトのランキングに掲載されている銀行に資料請求を行い相談することをおすすめします!後悔しない、間違いのない銀行選びをしたい方必見です!

住宅ローン無料相談おすすめ銀行ランキング!2018年9月版

じぶん銀行住宅ローン
  • 業界最安水準の金利を達成
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査は最短即日回答のスピード審査
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン


住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 金利が安く顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 申込みから契約まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン


楽天銀行フラット35
  • フラット35最低金利・最安手数料
  • 諸費用が安くトータルの返済額が少ない
  • 来店不要・ネットで完結
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • 事務手数料1.05%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン


イオン銀行住宅ローン
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • イオングループの買い物が毎日5%OFFに
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上から
  • 給与所得者は勤続6ヶ月以上から
  • 保証料・繰上返済手数料無料
  • 団信保険料・8疾病保険料が本人負担
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン



住宅ローン無料相談はどこですればいいの?

マイホーム

住宅ローンは、人生の中で最も大きい借金となる場合が多いと思います。そのような大きな借金を背負うにあたって、すべてを一人で決めることは大変です。

 

詳しい人が周囲にいればよいのですが、できれば専門家に相談したいと思う人も多いと思います。

 

本サイトでは、あなたの疑問を相談する際に、どのように探せばいいのか、どんな質問をすればいいのかなどについてご紹介したいと思います。

 

住宅ローン相談では金利の動向や金利タイプについて、審査に通らない場合や審査基準について、繰り上げ返済や借り換えについて、お得な銀行選びの方法など、難しい問題はたくさんありますが、しっかりとあなたの疑問を解決していきます。

 

住宅ローンに疑問や質問がある場合はどうする?

 

マイホームを建築したり購入したりする際、必要となる金額は年収の数倍程度となることも珍しくありません。

 

そのような大金を現金払いで購入することが出来る人は、限られているかもしれません。

 

多くの人がローンを組んでマイホームを取得しています。ローンを組むときには、誰でも自分にとって少しでも有利な条件で組みたいと思うでしょう。

 

しかし、いざ取得しようと考えても、世の中には数多くの銀行や信用金庫などが商品を提供しています。

 

その中で、どの銀行が提供している商品を選択するべきなのでしょうか? また、同じ銀行の商品の中でも、どのような金利タイプとするか選択しなければなりません。

 

また、どの程度を頭金に回して、どの程度の現金を手元に残しておくべきでしょうか?

 

これらの疑問に答えてくれたり、様々なアドバイスを行なってくれたりする相談相手があればよいと思います。

 

住宅ローンに関する相談先は?

 

あなたの疑問を聞いてもらう場合、借り入れを予定している銀行やマイホームを購入したり建築したりする不動産会社やデベロッパー、ハウスメーカーの営業担当者とまずはお話をすることが最もてっとり早いといえます。

 

営業担当者は、マイホームの購入資金や建築資金に目処がつかないため、親身に住宅ローンの相談に応じてくれます。

 

もちろん最も確実なのがそれを取り扱っている金融機関です。銀行などでは、独自の住宅ローンの相談会などを開催しています。

 

相談会ではファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーの資格を持つ専門の相談員に、直接お話を聞くことができます。

 

しかし、銀行が提供している相談会などでは、自社の商品が有利になるように誘導される危険性を心配する人もいるかもしれません。

 

一般的にはメリットもデメリットも詳しく説明してくれるはずですが。第三者の立場の専門家に意見を聞きたいというニーズもあると思います。

 

そのような人には、独自に活動しているファイナンシャルプランナーなどに相談することもお勧めです。

 

ファイナンシャルプランナーは、家の購入だけではなく、子育てなど人生の中で必要な資金全体を見渡して、人生全体のライフプランを話し合うこともできます。

住宅ローン審査の無料相談は?【審査に落ちた!】

審査

住宅ローンで最も心配な事項の一つとして、審査に落ちたら?とか審査に通るとができるか、どうかが心配という事が考えられます。

 

審査については、どこに相談すればいいのでしょうか?

 

住宅ローンの審査項目

 

銀行などの金融機関やあなたの借り入れを保証する保証会社などが審査を行なって、その基準に通った人のみが契約を行なって融資を受けることができます。

 

審査される項目として、年齢、年収、勤続年数(営業年数)、総返済負担率、担保評価、他のローンの返済状況などが挙げられます。

 

これらの項目の審査基準については、年齢などを除くと商品説明書などにも明記されていないものが多く、自分が住宅ローン審査に合格するかどうかがわかりにくいという状況にあります。

 

住宅ローン審査について相談するには?

 

最も確実な方法は、あなたが借り入れを考えている銀行が開催している住宅ローン相談会などで、直接相談することです。またWEB上から直接仮審査の申し込みをしたり、資料請求をしてもよいでしょう。

 

もちろん審査自体を相談会で行うことはできませんが、自分が想定している申し込みの条件が、審査に合格出来そうな状況かどうかの、おおまかな目安を教えてもらうことは可能です。

 

一旦、銀行に申し込むと、申し込み履歴が情報信用機関のリストに記載されます。

 

しかし、住宅ローン相談会で話を聞くレベルであれば、履歴が記載されることもありません。

 

同様にネットでの仮審査の申し込みをしてみるのも一つの方法です。こちらの方がより手軽なのでまずはネットで申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

住宅ローン借り換えの無料相談はどこで?【損しないためには?】

検討

住宅ローンを借り換える場合には、どのような機関に相談すれば良いのでしょうか?

 

住宅ローンの借り換えとは?

 

借り入れ金利は、経済状況の変化などに伴って、高くなったり低くなったりします。

 

また、金利以外にもネット銀行の登場などにより商品自体も時代に応じて様々な変化があります。

 

以前組んだ時とりも、現在の方が低い金利でしかも借り入れ条件がいいものを提供しているなど、魅力的なものが増えていたとしても、契約内容を変更することはできません。

 

その代わりに、住宅ローンを借り換えるという方法をとれば、実質的に新しい銀行に変更することができます。

 

具体的には、現在借りているのとは違う金融機関と、新たに契約を結びます。

 

新しい銀行で融資された資金を使って、現在借りているローンを一括繰り上げ返済により完済します。その後は、新しい住宅ローンの支払いを続けていくことになります。

 

住宅ローンの借り換えを相談するには?

 

住宅ローン借り換えの際には、いくつかの問題があります。まず、担保となる土地や住宅の評価価格が残高よりかなり下回っていた場合、現在の住宅ローンを完済するだけの融資が受けられない可能性があります。

 

また、最初に契約した時とは、あなたの勤務状態や収入や健康状態が変わっている場合もあります。

 

このような、様々な懸念を相談するには、借り換えを検討している金融機関に直接聞くことが一番です。金融機関やあなた担当者の方にまずは話を聞いてみましょう。